愛車の中で重要な命綱

男性

細心の注意で走行前点検

マイカーの愛好者であれば愛車を大事に乗り回して走行距離が10万キロを超えない内に乗り換えた方が良いと考えている人が多いですが、これはあくまでもエンジン回りについて言っていることです。タイヤについては一般的に4,5年が消費期限と言われているので、使用状況によっては3年程度を目途と考えておいた方が安全運転のためにベターです。しかも、前輪、後輪で摩耗度合いに差の出ることがあるので、5千キロ程度の走行ごとにタイヤローテーションを行い、偏摩耗を防いで長持ちさせる工夫も不可欠です。要するに、安全運転を心がけるのであればエンジン回りの調子より車体と搭乗者の重量を支えて、路面と摩擦を繰り返しながら接し続けているタイヤは単に快適な乗り心地を提供しているだけでなく、搭乗者の命綱であることを意識する方が重要なことです。日常点検項目として快適な乗り心地に適正な空気圧が不可欠ですが、摩耗したり、ひび割れしたタイヤを使っていれば破裂して事故につながりかねないため、走行前のタイヤ点検は欠かせません。新品であれば溝が8ミリ程度で、5千キロ走行ごとに1ミリ摩耗していくと言われていますが、これは一般的な話です。タイヤの保管、管理方法や運転の仕方、あるいは、走行する路面状況等により異なります。しかも、毎日、走行前点検でチェックしていても大きく変わることがないので油断しがちです。すべてのタイヤについて一定間隔で空気圧を確認する他に、溝が十分あってもひび割れが増えていないか、傷がついていないか、細心の注意を払いながらチェックすることを励行したいところです。

Copyright© 2017 気になるタイヤの料金を徹底解剖|お得にするには All Rights Reserved.