車の重要なパーツです

車

道路との唯一の接地面

車を乗っているとガソリンの他にも、様々なパーツや部品の交換が必要になってきます。もっとも一般的なものはオイル交換で、ガソリンスタンドなどでも手軽に交換をすることができます。それ以外にも、エアコンなどのフィルター、ワイパーのゴム、ブレーキパッドなど多くの消耗品があります。その中でも一番高価で大きなものと言えばタイヤでしょう。どんなに性能の良い車であっても、道路との接地面は4本のタイヤだけです。これを考えただけでも、タイヤの重要性が理解できます。どれくらいの頻度で交換をするかは使用状況によって異なってきます。ゴムで出来ているものですから、急発進や急ブレーキを多用していると早い交換が必要になってきます。逆に丁寧な運転をしていれば、交換までの期間を長くすることができます。交換時期は自分でも確認することができます。タイヤの横側に三角形のマークがあります。その部分の溝は少し浅くなっています。ここの磨耗状態で交換時期を知ることができます。実はタイヤの交換については法律で定められており、溝が1.6mm以下になった車で走行すると法律違反になってしまいます。これほどタイヤと言うのは安全性が問われる重要なパーツなのです。また溝が十分に残っていても、経年劣化でひび割れが生じる場合があります。このようなタイヤを使用することも非常に危険ですので早めに交換をしましょう。タイヤや好きなホイールに合わせて交換したりしてドレスアップの楽しみもあります。しかし、車の安全性を左右する最も重要なパーツであることも理解しておきましょう。

Copyright© 2017 気になるタイヤの料金を徹底解剖|お得にするには All Rights Reserved.