車整備の留意ポイント

タイヤ交換

溝の残りと使用年数に注目

快適で安全なカーライフを送る場合、整備工場などで愛車の点検サービスを定期的に受けることは欠かせませんが、タイヤのメンテナンスも重要です。エンジンの動力やブレーキの制動力を路面に伝えるのはタイヤですから、そのコンディションが低下している時は、整備工場やカーショップのピットサービスなどで、適宜交換致しましょう。タイヤには摩耗していくことで、溝の残りが1.6mmに達しますと、スリップサインが露出する仕組みになっています。これが出現した場合は交換する必要があり、法的にも以後の使用は規制されているのです。ところが、溝の深さが4mmを切る頃にはドライビングへも影響が出始めるため、タイヤを交換する時はスリップサインが出てから履き替えるのではなく、残りが4mm程度に達した段階で交換するように気を付けておきましょう。また、タイヤ交換での留意ポイントには使用年数もあり、ゴム製品のため、時が経てば走行距離に関係なく劣化していくのです。固くなったタイヤは弾力を失い、ヒビ割れを起こしますので、長年履き続けているタイヤは、溝が減っていない状態でも交換する必要があります。概ね5年から7年が交換時期とされていますが、4年も経過すれば劣化は進んでいますので、できれば5年目ぐらいでタイヤを交換するように気を付けておきたいところです。一方、古い車ではホイールのバルブが劣化している場合もあり、もしもこの部分が傷んでおりますと、そこから空気がもれ、走行中ならタイヤが歪んでバーストする可能性があります。そこで、古い車のタイヤを交換する時はバルブも一緒に交換してもらうなど、その点にも気を付けて整備サービスを依頼しましょう。

Copyright© 2017 気になるタイヤの料金を徹底解剖|お得にするには All Rights Reserved.